>

BLOG社員ブログ ディジぶろ

2015年07月6日

DKA-101 と DKA-102 の違い

こんにちは。(ま)です。

 

今回は、計測器 Bluetoothアダプタ DKA-101 DKA-102 の違いについてご紹介します。

 

以前の記事でも取り上げていますので、そちらも是非ご参照下さい。

ブログ右側の検索窓で、「DKA-101」「DKA-102」と入力して検索すると、該当記事が出てきます。

 

いずれも、ノギスやハカリ等を手軽にBluetooth無線化するアダプタです。

 

DKA-101

DKA-101

・本体色はグレー

・Bluetooth はV2.0 で通信方式はSPP

 

DKA-102

DKA-102

・本体色は黒

・Bluetooth は V4.0 (BLE Single mode) で通信方式はHID (HOGP) とGATTシリアルの2方式

・連続動作時間が DKA-101 よりも長い

 

DKA-101 と DKA-102 は、接続できる計測器 (ノギス、ハカリ等) は相互に互換性があります。

一方、Bluetooth の方式が異なるため、無線で繋がる端末(PC, タブレット等)の扱いが異なります。

 

 

DKA-101Bluetooth V2.0 は従来からある規格で、多くのWindowsPCやPDA 、Android等に搭載されています。(端末側でBluetooth V3.0 や V4.0 と書いてある場合も繋がります。)

 

通信方式はSPPなので端末上ではシリアル通信になり、一般的なシリアル通信を処理するアプリを作れれば簡単に扱えます。例えばWindows の場合、仮想COMポートを開けばデータを受信できます。 但し、iOS端末(iPad, iPhone, iPod Touch) には繋がりません。

 

また、今の所Windows限定になりますが、 弊社製キー入力ユーティリティを使用すれば、データをキー入力に変換し、Excelのセル等に入力出来ます。

 

 

DKA-102Bluetooth V4.0 (Single mode) は、一般にはBLE (Bluetooth Low Energy) とも呼ばれる比較的新しい規格です。 通信方式はHID (HOGP) とGATTシリアルの2方式から選べます。

 

HIDの場合は端末からみるとキー入力デバイスとなるので、 iOS端末(iPad, iPhone, iPod Touch) や Android 端末でも、アプリにキー入力することが出来ます。

 

また、GATTシリアルの場合は、別途アプリを作る必要がありますが、キー入力を介さずにデータを直接扱えますので、柔軟にシステムを組むことが可能です。

 

さらに、Bluetooth Low Energy はその名の如く消費電力が少ないので、連続動作時間がDKA-101 に比べて長くなっています。(使用条件にもよりますが、2倍~5倍!)

 

 

その他仕様については DKA-101製品情報ページ DKA-102製品情報ページ の仕様表をご覧下さい。

製品選びの一助になれば幸いです。

 

それではまた来週。