>

BLOG社員ブログ ディジぶろ

2015年06月8日

バーコード豆知識(27)

みなさま、こんにちは!
バーコードお兄さんです。

バーコード豆知識、第27回目です。

バーコードの誤読についてです。

誤読とは、読み取らなければならないデータに対して違ったデータで読み取る事です。
その種類は、大きく分けて以下の2種類あります。
 ・データが違う場合
 ・桁数が違う場合(桁落ちと呼ぶ場合があります)
桁落ちの誤読が発生する場合は、バーコードの桁数をチェックすることで誤読の改善ができます。

GB

ありがとうございました。


弊社は、1次元バーコードを読み取るハンディターミナルスキャナの設計、開発、製造、販売を行っています。
新製品DKA-102もよろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。


2015年06月1日

HP更新情報(用途一覧)

みなさま、こんにちは!
バーコードお兄さんです。

ホームページを更新しました!

用途一覧に1項目追加しました。
棚卸し


そのほか、以下の業務の効率化アップをご検討でしたらご覧ください。

トレーサビリティ
照合
計測
備品・資産管理
データ収集
在庫管理
入退管理
賞味期限管理
工数管理
ピッキング


弊社製品は、業務内容に合わせてカスタマイズ可能です。
カスタマイズにつきましては、営業部へご相談ください。


弊社は、1次元バーコードを読み取るハンディターミナルスキャナの設計、開発、製造、販売を行っています。
新製品DKA-102もよろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。


2015年05月25日

アスキー制御コード

みなさま、こんにちは!
バーコードお兄さんです。

製品の解説書などでよく出てきている
アスキーコードの制御コード部分の意味を確認してみたいと思います。

NUL(Null):空白
SOH(Start of Heading):ヘディング開始
STX(Start of Text):テキスト開始
ETX(End of Text):テキスト終了
EOT(End of Transmission):伝送終了
ENQ(Enquiry):問合せ
ACK(Acknowledge):肯定応答
BEL(Bell):ベル
BS(Back Space):後退
HT(Horizontal Tabulation):水平タブ
LF(Line Feed):改行
VT(Vertical Tabulation):垂直タブ
FF(Form Feed):書式送り
CR(Carriage Return):復帰
SO(Shift Out):シフトアウト
SI(Shift In):シフトイン

DLE(Date Link Escape):伝送制御拡張
DC1(Device Control):装置制御
DC2( 〃 ):〃
DC3( 〃 ):〃
DC4( 〃 ):〃
NAK(Negative Acknowledge):否定応答
SYN(Synchronous Idle):同期信号
ETB(End of Transmission):伝送ブロック終了
CAN(Cancel):取消し
EM(End of Medium):媒体終端
SUB(Substitute):置換
ESC(Escape):拡張
FS(File Separator):ファイル分離
GS(Group Separator):グループ分離
RS(Record Separator):レコード分離
US(Unit Separator):ユニット分離

少し身近になったのではないでしょうか~!


弊社は、1次元バーコードを読み取るハンディターミナルスキャナの設計、開発、製造、販売を行っています。
新製品DKA-102もよろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。