計測器から
DX化をスタート

製造業におけるDX化が急がれる昨今、
何から始めたらいいか、お悩みではありませんか?
それなら、『計測』作業をまずはデジタル化し、
その計測データを活用することで、DX化を推進し、
生産性や品質の向上、コストダウンなどを
実現するのが近道です。

『計測』作業のデジタル化

CASE STUDY鋼材の測定値をデータ化し、
製造コスト削減

課題

納品前に鋼材の長さをアナログのメジャーで測定し、
目視読み取り後、手書きで記録していたが、
さまざまな問題があった。

  • 誤計測、誤記入が起こっていた
  • アナログ測定・アナログ記録により、時間効率が悪かった
  • お客様からの長さ不足に関する問い合わせにも確かな回答・照合ができず、指摘を全て受け入れざるを得なかった

解決策

デジタルメジャーとハンディターミナルで計測値をデジタル化し、PCに保存

  • 誤計測、誤記入の回避
  • 計測時間の短縮
  • 各ロットの測定値が一目で分かるようになり、確認作業の負担が軽減
  • 過去に出荷したロットでも、すぐに計測値が確認

導入効果

  • 計測、記入、照合時間の短縮による作業効率化と労働時間の削減
  • 誤計測、誤記入による補償費の削減
  • 各機器の操作が簡単で、誰でも作業ができる
  • 鋼材検査証明書(ミルシート)と計測値をセットにデータ保管し、トレーサビリティシステムとして電子管理が可能に
  • 切断のばらつきを改善し、材料ロスの削減

導入の流れ

ディジ・テックのDX化を支援する商品

デジタルメジャー

DDM-301L30

30mの長尺測定データを
パソコンやiPadへ
無線で送信

デジタルメジャー

DDM-101シリーズ

長さ計測をケーブルレスで
早く・正確にデータ化、
パソコンやタブレットへ
無線で送信

デジタルメジャー

DDM-102シリーズ

長さだけでなく、面積、
体積の計測値もデータ化、
iPhoneやiPadへ無線で送信

バーコードハンディターミナル

DHT-112/116

レーザースキャナ搭載、
小型で軽量なペン型で
手軽にデータ収集がしやすく
作業効率アップ